triplog

ハイライト「インディア」

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

ガンジス川。ボート漕ぎのおじさんと。

ガンジス川。ボート漕ぎのおじさんと。

約3ヶ月。インドに滞在しました。

滞在すればするほど、魅力的になる国。

何処にもそれぞれの魅力があり、
地域や町が変わると、がらりと空気や人当たりも変わる。

東インド青の町。「ジョードプル」

東インド青の町。「ジョードプル」

南インド「ハンピ」

南インド「ハンピ」

同じ国にいて、国を移動したような不思議な感覚を味わえる。そんな魅力がインドにはあります。

始めは少し警戒し疲れる事もありましたが、その町に自分が馴染みだすと皆親切で優しい。
どんどん居心地がよくなり、ついつい予定よりも長く滞在してしまう。
別れの時はセンチメンタルな気分になり、また次の町にドキドキする。

よくある朝の1コマ。

よくある朝の1コマ。

チャイ屋にて。

チャイ屋にて。

お菓子屋さんにて。

お菓子屋さんにて。

まさに刺激的な日常でした。

アジアはもちろん、欧米からも、場所によっては国内旅行をするインド人まで、
多くのツーリストが集まる国。

どこに行ってもその国独特の空気感や文化を感じる事はできますが、

インドはまさに「インド」です。

ゴアのビーチ。

ゴアのビーチ。

まだまだたくさん魅力の詰まったインド。
ここはまた訪れたいと思わせてくれる、そんな国の一つです。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

「チャイ」というカルチャー。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

インドで出会ったチャイというカルチャー。

インドで出会ったチャイというカルチャー。

コルカタの屋台との出会いで僕は、色々なものに抵抗なく挑戦できるようになりました。
ローカルが通い詰めるカレー屋や屋台、ラッシーなど。どれも驚くほど安い値段にも関わらず、最高に美味しい。しかも満足なボリューム感。

バラナシのムスリム地区。ここでは肉料理も食べることも。

バラナシのムスリム地区。ここでは肉料理も食べることも。

ラッシー店。

ラッシー店。

そんな中でも、僕にとって特別なものが「チャイ」でした。
インドでは、何処にいっても至る所で「チャイ」が飲めます。

朝。目覚めのチャイ。

朝。目覚めのチャイ。

インド国内を東西南北、
寒い地域や常夏の地域
乾燥している地域や湿気の多い地域と
色々な所を周りましたが、何処にいっても必ずチャイはありました。

朝早く、お祈りに出かける人たちが外に出る頃には、既に良い香りが漂い、
寒い日はもちろん暑い日の日中も、夜も、モクモクと煮立てた湯気がまい、
列車の中でも、駅に停車中ヤカンをもったチャイおじさんが「チャイ、チャイ」と声をかけて回ってきます。

365日。欠かす事なく朝・昼・晩と。

プリーの夜。ビーチでのチャイ店。

プリーの夜。ビーチでのチャイ店。

せかせかと歩く人も、クラクションを目一杯鳴らすおじさんも、早口で捲し立てる若者も、
みんなが足を止めて、狭い路地や縁石に腰をかけ、あるいは立ちながら
熱々のチャイをゆっくりとすすり、談笑する。

狭い路地のチャイ屋。

そんなチャイという習慣が彼らの日常の中のちょっとした休息であり、コミュニケーションツールになっているのだと感じました。
意識をした訳でもなく、気付くと僕自身にとっても滞在中の特別な習慣になっていました。

朝のチャイは、目覚め。
昼のチャイは、休息。
夜のチャイは、癒し。

チャイの中でも「マサラチャイ」は彼ら独自の文化が反映されており
様々なスパイスを濃厚なミルクティーと一緒に煮出します。

その香りと後味は独特で、だけど優しく癒される。
日本人の僕にとってもホッとする特別なものでした。

家庭や露店ごとに少し違いがあり、それを試すのも楽しみの一つです。
また季節によっても変化があり、
寒い季節は身体があたたまるスパイスを。
暑い季節は後味すっきりするスパイスを。

冬はホットで夏はアイス。ではなく、スパイスを変えて後味と身体の反応を変える。
これは新しい発見で、とても興味深いものでした。

そんな彼らの大切な習慣。
「チャイ」というカルチャーが、今では僕らのライフスタイルになっています。
濃厚で優しい煮出しミルクティーに、スパイスの後味と香り。
これがいつでも僕をインドへ連れて行ってくれます。

チャイを片手に眺める夕日。ガンジス川。

チャイを片手に眺める夕日。ガンジス川。

「チャイ」というカルチャーを通して、ほんのひと時の休息を。
LIFE SPICE SHOPはそんな時間を提案する為に。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

「インド」コルカタで感じた空間。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

コルカタの繁華街。

コルカタの繁華街。

バンコクから空路でインド「コルカタ」に。
これまで訪れたアジアの国とはがらっと空気も人の雰囲気も変わり、少しドキドキしたスタートでした。

一先ず空港からタクシーで、安宿が集まる「サダルストリート」へ。

ツーリストが多く滞在する通りなだけに、激しい客引きや日本語が堪能なインド人も多く、
移動と環境の変化にどっと疲れが増したように感じました。

コルカタの安宿が集まるサダルストリート。

コルカタの安宿が集まるサダルストリート。

翌日、早起きが習慣となっていた僕は特に予定がなくても7時には目覚め
洗顔と歯磨きで完全に目を覚まし、朝の町へ。

朝は、日中や夜とは違い地元の人が仕事の準備をしていたり、仕事へ向かう道中だったりと
ツーリストにはおかまいなしといった様子で、その時の僕にとっては過ごしやすい良い時間帯でした。

お腹が空いたので、何か朝食を。と思っていたのですが、
路肩にはゴミが散乱し、噛みタバコを吐き出す人とその独特なオレンジ色に染まる壁、牛や犬の糞。
インドはお腹を壊す。不必要な先入観から何を食べるにも少し警戒心を抱いてしまい、中々手が出ずにいました。

そんな時、良い匂いに誘われて、やたらと人が集まる屋台に出会いました。
インド料理というよりは、中華屋台。
チョウメンやチョウチョウライスがメインで、中華鍋で炒めるいい音と香ばしい香り。極めつけにメニューを書いた板に、

「Clean Food」と・・。

これを信用できなければ帰国した方がいい。
迷いなく、その日の朝食はそこに決まりました。

コルカタ滞在中。通い詰めた屋台。

コルカタ滞在中。通い詰めた屋台。

味・香り・ボリューム全てが完璧でした。
しかも手で食べるものかと思っていたら、僕を見てちゃんとスプーンまで渡してくれました。

屋台の従業員は3,4人程度。調理する人、注文を取る人、食べ終わったお皿等を回収し洗う人。
常連らしき近所の人もみな親切で、なにも聞いていないのに「これは清潔だから安心しな」とか、「このメニューがおすすめだよ」とか。
この町の良いところ・気をつけた方がいいことなど色々と教えてくれました。

席が用意された飲食店ではなく、雑多に並べられた椅子やベンチ、あるいはそのまま立ち食いするスタイル。
だからこそ距離が近く、同じ食事を食べるという共通点が隔たりをなくし、気軽に話ができる。
そこは「外」ですが、まぎれもなく「空間」でした。

もちろんしっかり店舗として、営業をしているお店はたくさんあります。
その一方で屋台や七輪を路肩に置き、その場で飲み食いをするスタイルのお店も至るところで目にします。

歩道に設置されたカレー屋台。

歩道に設置されたカレー屋台。

でも、ただサッと食べるだけではなく、
その場所が食事処であり、短い時間で人が世間話や近況報告など、コミュニケーションを取る場でもありました。

そんな空間の要素も僕らが大切にしている事の一つです。
「コルカタ」で出会った屋台は、今でもその重要なルーツの1つになっています。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

「ラオス」ツーリストの楽園。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

「楽園」ヴァンヴィエン

「楽園」ヴァンヴィエン

マレーシアからタイを経て、3カ国目「ラオス」に。
日本を出発して2週間ちょっと。少しずつ土地の空気と時間の流れを感じられるようになってきた頃です。

ここにきた目的は2つ。
1つは次なる目的地「インド」のビザを取ること。
2つ目はラオスのツーリストの楽園「ヴァンヴィエン」でした。

タイのチェンマイから夜行バスで、ラオスの首都ヴィエンチャンに到着。

今までの首都という近代的な町のイメージとは違い田舎町に来たような、そんな雰囲気。

翌日インドビザを申請に行くために、この日はメコン川添いの宿にチェックイン。

河川はキレイに整備されており、ツーリストはもちろん地元の人ものんびりと過ごせるような場所。

メコン川のマジックタイム。

メコン川のマジックタイム。対岸はタイ。

ここでの夕日も最高で、太陽と雲が絵画のように美しい時間を演出していました。
また一つお気に入りの夕日スポットが増えた事に喜びを感じながら、この日ものんびりとマジックタイムを堪能しました。

翌日ビザの申請をし、受け取りまでの1週間を過ごす第2の目的地「ヴァンヴィエン」へ。
ここまで大きな町や世界遺産などを中心に訪れてきたので、少し田舎と旅人の空気を感じる事ができるのではと、
「ヴァンヴィエン」へ行くことを決めました。

バスに揺られ、その日の夜到着したのはターミナルではなく、真っ暗な空き地のようなところ。
そこから歩いて町の中心地へ。

夜の小さな町の中では、ツーリストがお酒を飲んだり、踊ったり、
町は東南アジアの田舎という雰囲気なのに、そこにいるのは欧米人をはじめ各国のツーリストがメイン。
感じた事のない空気感。
ただその違和感と、とにかくみんな楽しそうに笑っている雰囲気に、
ここでの日々が一瞬で楽しみになりました。

ヴァンヴィエンの街並。

ヴァンヴィエンの街並。

ローカル、中華、インド料理と食事も豊富。
チュービングといったアクティビティや、洞窟、ブルーラグーンと呼ばれるのんびりスポットから夜はバーやクラブまで。
ツーリストが楽しめる要素が盛りだくさん。まさにツーリストの楽園でした。

ブルーラグーン。童心に戻れる飛び込みスポット。

ブルーラグーン。童心に戻れる飛び込みスポット。

インドビザを待つ1週間。

朝は、早起きしてフレッシュジュースを。
昼間は、バイクでブルーンラグーンに行きのんびりと。
夜は、みんなで食事やお酒。

次なる目的地「インド」の前評判は、

「疲れる。」でも「刺激的。」

そんなインドを前に休暇気分を存分に味わうことができました。

旅はみんな大好きで、刺激や発見を求めて出るものだけど、時には休憩も必要。
ゆっくり過ごせる環境。アクティブに遊べるチュービング。はしゃげる社交場。
色々な休息の形がヴァンヴィエンにはあり、そこが「楽園」と呼ばれる由縁なのかなと、
僕はこの場所をそんな風に感じました。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

古都マラッカとマジックタイム。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

マラッカの夕日。この旅最初のマジックタイム。

マラッカの夕日。この旅最初のマジックタイム。

クアラルンプールからバスで2時間半。
世界遺産にも登録されているという古都「マラッカ」へ移動しました。

世界遺産に登録されているような場所だとも知らず、
クアラルンプールで泊まったゲストハウスのスタッフに進められるがままに、
またしても何の情報もなくバスのチケットを取り移動が決まりました。

初めてのバス移動に少しビクビクしながらも、大きくキレイなバスターミナルからすんなりバスに乗り込めた事にホッとして爆睡、
そして気付くと目的地「マラッカ」に到着していました。

KLとは違い、少しローカル感を感じるバスターミナルに観光客や帰郷した人でごった返した雰囲気に
ようやく少しバックパッカーとして旅をしていると感じはじめました。

ターミナルからマラッカの中心地までは距離があるようで、どうやって行こうかとフラフラしていると
ゲストハウスの勧誘をしているおじさんに声をかけられました。

英語で勢い良く、「うちにこいよ!」と誘われてしまっては、旅慣れしていない僕のような旅人は断れず。。
中心地まで徒歩圏内との事なので、一先ず今日だけはと少し不安を感じながらも付いて行く事に。

そこから車で10分ほど。ゲストハウスは古民家を改装したちょっとシャレた感じの一軒家。
ドミトリーはなく、個室のみですが値段もそんなに高いとは感じなかったので安心してここを拠点にする事を決めました。

朝食付き。コーヒーもセルフで。

朝食付き。コーヒーもセルフで。

荷物を置いて、とりあえず昼食がてら散策へ。

オランダ・ポルトガル・イギリスの植民地時代の建物がそのまま残っており、キレイな印象の街並。
ですが、マレーシアで有名な観光地だけあって、観光客も多く食べ物もローカルフードからマクドナルドまでなんでも揃っていて
少し思い描いている旅の日常との温度差を何処かに感じながら、この場所の空気感をしっかりと心に刻む為に歩き回りました。

昔の名残を残しつつ、近代的な商業施設も。

昔の名残を残しつつ、近代的な商業施設も。

空もそろそろ夕方に差し掛かろうとする頃、通りかかった屋台のおじさんが、
「夕日を観るなら良いところがあるぞ。」
と声をかけてくれました。
マラッカは夕日も有名なようで、僕はおじさんの案内に付いていくことに。

観光名所付近で露店や観光客でいっぱい。

観光名所付近で露店や観光客でいっぱい。

古い大きな建物が点在する丘の上、ちょうど太陽が目線より下に見える時間帯でした。
空は真っ赤に染まり、ゆっくりと太陽が沈むのを、何も考えずに眺めていました。

元々、好きな時間ではありました。
でも本当の意味で、それをゆっくりじっくりと感じる、味わう時間を過ごした事はなかったかもしれません。

太陽は何処にいても感じることができるもので、それがこんなにもキレイなものなのかって、
恥ずかしながら、本気で気付いたのはこの時でした。

初日のマジックタイム。

マラッカ初日のマジックタイム。

「マジックタイム」 本当にそうだなと。

この夕日が、色んなところで最高な時間にのんびりと太陽を感じ、味わいたいという楽しみをくれました。
明日からの大切な楽しみができた。と感謝し、この旅に出て初めてワクワクした瞬間でした。

マジックタイムは今も日常の大切な楽しみの一つです。

その後4日間。この夕日の為だけにマラッカに滞在し、4日後にまた次の土地へ出発しました。

出発前日の夜、気持ちよく出発ができると宿のオーナーにお礼を言い、宿泊費の支払いを。
USドルでも構わないとの事だったので100ドル札を渡し、おつりを持ってくると立ち去ったオーナー。
結局戻ってくることはありませんでした。

つづく。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

始まりの国「マレーシア」

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

クアラルンプールの夜。

クアラルンプールの夜。

始まりは2011年。

それまでほとんど海外に行ったことのなかった僕は急に海外への興味と好奇心にかられました。

そこから半年間。必死に軍資金を貯め、その年の11月。
120万円という僕にとって大金を手に、日本を経ちました。

とりあえず日本を出るのに「最安値」且つ「片道航空券」で入国可能という理由だけで
始まりの地「マレーシア」へ。

クアラルンプールに到着後、無計画が故にどうしていいか、何処にいったらいいのかもわからず、
呆然と空港で過ごした2時間を今でも忘れられません。

少しでも笑顔をと、この旅最初の食事。

少しでも笑顔をと、この旅最初の食事。

人一倍、臆病だった僕は日が暮れることを恐れ、とりあえず目の前に停まったセントラル往きのバスに乗り込み
街の中心地(KLセントラル)まで向かうことにしました。

「中心地」へ行けば、何かしらあてができるだろうと自分を勇気づけながら終点に到着。
そこはマレーシアのビジネスの中心地。(新宿都庁前のようなところ)
思い描いていた旅と、あまりにも違いすぎる近代的な街の空気に、またしても困惑・・

そしてまた、KLセントラル駅で約2時間。ただただ時間が過ぎていくだけでした。
目的も行くあても決めておらず、マレーシアの知識もゼロ。
日本を経って、約半日。早くもこの旅に少し後悔するくらい、心細い時間が流れていきました。

英語もろくに話せないことを気にしている時間はなく、どんどん空は夕方へと変わっていきます。
この状況をなんとか打破しなければと重い腰をあげ、
駅員さんに「バックパッカー」であること、そんな人が泊まる「安宿」を探していることを必死に伝え、
なんとか「チャイナタウン」という単語をゲットした時の感動を今でも覚えています。

行き先を得た僕はなんとかその最寄り駅へたどり着き、始めに目に留まったゲストハウスに寝床を確保することに成功しました。
マレーシア到着から宿にチェックインするまで約10時間。

こうして、僕の旅は始まったのです。

この旅最初の宿。

この旅最初の宿。

初めてのドミトリーはひとりぼっちでした。

初めてのドミトリーはひとりぼっちでした。


LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com