「チャイ」というカルチャー。

インド「バラナシ」のガンジス川インドは南アジア随一の面積で、気候も地域によって異なります。

そんな中でも変わらない独自のカルチャーの一つがチャイです。

寒い季節にはジンジャーやペッパーを効かし身体を暖め、暑い季節にはカルダモンで口当たりすっきりした味わいに。

街の至る所にあるチャイ屋にはいつでも人が集まり、日々の(当たり前の)コミュニケーションのツールのようにチャイを飲んでいるのです。

狭い路地のチャイ屋。

店舗を構えているわけでもない、どんな場所にもチャイはあり、人は足を止め談笑する。飲み終えるまでの短い休息が私にはとても魅力的でした。

人が人と触れ合う事で、得られる事は計り知れない。手軽にそれを得られるツールがインドの「チャイ」というカルチャーです。

 

コメント

  1. Buckie より:

    wszystko fajnie, ale puenta nie ta. Podobają mi się Twoje wpisy, książkę przeczytałam w 2 dni i byłam nią zachwycona- podobała mi się. Na blogu spodziewałam się pijnytaieksznch opowiadań, ale nie roli księdza. Wręcz mnie to obrzydziło. Już lepiej by było gdybyś zabawił się w lekarza. Pozdrawiam

コメントを残す

*