古都マラッカとマジックタイム。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

マラッカの夕日。この旅最初のマジックタイム。
マラッカの夕日。この旅最初のマジックタイム。

クアラルンプールからバスで2時間半。
世界遺産にも登録されているという古都「マラッカ」へ移動しました。

世界遺産に登録されているような場所だとも知らず、
クアラルンプールで泊まったゲストハウスのスタッフに進められるがままに、
またしても何の情報もなくバスのチケットを取り移動が決まりました。

初めてのバス移動に少しビクビクしながらも、大きくキレイなバスターミナルからすんなりバスに乗り込めた事にホッとして爆睡、
そして気付くと目的地「マラッカ」に到着していました。

KLとは違い、少しローカル感を感じるバスターミナルに観光客や帰郷した人でごった返した雰囲気に
ようやく少しバックパッカーとして旅をしていると感じはじめました。

ターミナルからマラッカの中心地までは距離があるようで、どうやって行こうかとフラフラしていると
ゲストハウスの勧誘をしているおじさんに声をかけられました。

英語で勢い良く、「うちにこいよ!」と誘われてしまっては、旅慣れしていない僕のような旅人は断れず。。
中心地まで徒歩圏内との事なので、一先ず今日だけはと少し不安を感じながらも付いて行く事に。

そこから車で10分ほど。ゲストハウスは古民家を改装したちょっとシャレた感じの一軒家。
ドミトリーはなく、個室のみですが値段もそんなに高いとは感じなかったので安心してここを拠点にする事を決めました。

朝食付き。コーヒーもセルフで。
朝食付き。コーヒーもセルフで。

荷物を置いて、とりあえず昼食がてら散策へ。

オランダ・ポルトガル・イギリスの植民地時代の建物がそのまま残っており、キレイな印象の街並。
ですが、マレーシアで有名な観光地だけあって、観光客も多く食べ物もローカルフードからマクドナルドまでなんでも揃っていて
少し思い描いている旅の日常との温度差を何処かに感じながら、この場所の空気感をしっかりと心に刻む為に歩き回りました。

昔の名残を残しつつ、近代的な商業施設も。
昔の名残を残しつつ、近代的な商業施設も。

空もそろそろ夕方に差し掛かろうとする頃、通りかかった屋台のおじさんが、
「夕日を観るなら良いところがあるぞ。」
と声をかけてくれました。
マラッカは夕日も有名なようで、僕はおじさんの案内に付いていくことに。

観光名所付近で露店や観光客でいっぱい。
観光名所付近で露店や観光客でいっぱい。

古い大きな建物が点在する丘の上、ちょうど太陽が目線より下に見える時間帯でした。
空は真っ赤に染まり、ゆっくりと太陽が沈むのを、何も考えずに眺めていました。

元々、好きな時間ではありました。
でも本当の意味で、それをゆっくりじっくりと感じる、味わう時間を過ごした事はなかったかもしれません。

太陽は何処にいても感じることができるもので、それがこんなにもキレイなものなのかって、
恥ずかしながら、本気で気付いたのはこの時でした。

初日のマジックタイム。
マラッカ初日のマジックタイム。

「マジックタイム」 本当にそうだなと。

この夕日が、色んなところで最高な時間にのんびりと太陽を感じ、味わいたいという楽しみをくれました。
明日からの大切な楽しみができた。と感謝し、この旅に出て初めてワクワクした瞬間でした。

マジックタイムは今も日常の大切な楽しみの一つです。

その後4日間。この夕日の為だけにマラッカに滞在し、4日後にまた次の土地へ出発しました。

出発前日の夜、気持ちよく出発ができると宿のオーナーにお礼を言い、宿泊費の支払いを。
USドルでも構わないとの事だったので100ドル札を渡し、おつりを持ってくると立ち去ったオーナー。
結局戻ってくることはありませんでした。

つづく。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

始まりの国「マレーシア」

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

クアラルンプールの夜。
クアラルンプールの夜。

始まりは2011年。

それまでほとんど海外に行ったことのなかった僕は急に海外への興味と好奇心にかられました。

そこから半年間。必死に軍資金を貯め、その年の11月。
120万円という僕にとって大金を手に、日本を経ちました。

とりあえず日本を出るのに「最安値」且つ「片道航空券」で入国可能という理由だけで
始まりの地「マレーシア」へ。

クアラルンプールに到着後、無計画が故にどうしていいか、何処にいったらいいのかもわからず、
呆然と空港で過ごした2時間を今でも忘れられません。

少しでも笑顔をと、この旅最初の食事。
少しでも笑顔をと、この旅最初の食事。

人一倍、臆病だった僕は日が暮れることを恐れ、とりあえず目の前に停まったセントラル往きのバスに乗り込み
街の中心地(KLセントラル)まで向かうことにしました。

「中心地」へ行けば、何かしらあてができるだろうと自分を勇気づけながら終点に到着。
そこはマレーシアのビジネスの中心地。(新宿都庁前のようなところ)
思い描いていた旅と、あまりにも違いすぎる近代的な街の空気に、またしても困惑・・

そしてまた、KLセントラル駅で約2時間。ただただ時間が過ぎていくだけでした。
目的も行くあても決めておらず、マレーシアの知識もゼロ。
日本を経って、約半日。早くもこの旅に少し後悔するくらい、心細い時間が流れていきました。

英語もろくに話せないことを気にしている時間はなく、どんどん空は夕方へと変わっていきます。
この状況をなんとか打破しなければと重い腰をあげ、
駅員さんに「バックパッカー」であること、そんな人が泊まる「安宿」を探していることを必死に伝え、
なんとか「チャイナタウン」という単語をゲットした時の感動を今でも覚えています。

行き先を得た僕はなんとかその最寄り駅へたどり着き、始めに目に留まったゲストハウスに寝床を確保することに成功しました。
マレーシア到着から宿にチェックインするまで約10時間。

こうして、僕の旅は始まったのです。

この旅最初の宿。
この旅最初の宿。

初めてのドミトリーはひとりぼっちでした。
初めてのドミトリーはひとりぼっちでした。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com