憧れのサハラ砂漠とモロッコ。

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

モロッコ。サハラの朝日。

エジプト「ルクソール」から空路で、モロッコ「マラケシュ」へ。

マラケシュは「新市街」と「旧市街」に別れ、
新市街は、近代的な建物も立ち並び想像していた以上に綺麗な都市の印象。
旧市街は城壁に囲まれ、路地が迷路の様に入り組んでいて、モロッコ独特な空気。

僕が滞在したのは旧市街。
入り組んだ路地の独特な雰囲気はとても魅力的でした。

旧市街の路地。
タジン鍋の露店。

色鮮やかな織物や陶器などの民芸品は物欲を駆り立て、
炭火にかけられた露店のタジン鍋は、想像以上に美味しく、
乾燥した空気のモロッコでは、フレッシュジュースやミントティーが爽やかに喉を潤してくれます。

爽やかなフレッシュジュース。

観光地でありながらローカルな空気も感じる事ができる魅力的な町。
イスラム文化独特な造りの建物と民芸や香り、民族衣装を纏った現地の人が行き交う路地は歩いているだけで映画の世界の様な楽しい時間でした。

数日その雰囲気を堪能し、バスでサハラ砂漠を目指し「メルズーガ」へ。
メルズーガは、砂漠の中にある小さな町。

サハラの拠点。メルズーガ。

サハラを目的に観光客も多く本来であれば、数人のグループを作ってサハラ砂漠へ1泊2日ほどのキャンプツアーに行くのですが、
僕が訪れた時はたまたま観光客はおらず、翌朝ガイドと2人でサハラ砂漠キャンプへ行くことに。

ガイドは、ベルベルジンと呼ばれる砂漠の民。
まだ当時17歳という彼はとても気さくで、道中色々な事を教えてくれたり楽しく過ごす事ができました。

先住民である彼は、何もない砂漠の道を迷いなく進んで行きます。
細かい砂がゆえに、僕らが歩く足跡も風が吹くとすぐになくなってしまいます。
僅かにそれぞれが違った砂丘や太陽の位置、夜は星などを目印に進んで行くと教えてくれましたが、動く太陽や星だけで距離間を感じづらいあの環境を迷うことなく進むのは困難なはず。
長くこの地に暮らす彼らには、彼らが自然と感じる事のできる何か指針があるように感じました。

ガイドのベルベルジン。
足跡もすぐ消えてしまう。

砂漠を抜けた先に、黒砂漠と呼ばれる荒野のような土地が現れました。
そこが一夜を過ごすキャンプ地。

この日の寝床。

土造りの小屋の様な家とテント。
そこで暮らしているという彼のお母さんとヤギや鶏たち。
ここでのキャンプはただ空の移り変わりや、風を感じて過ごすとてもシンプルで最高な時間でした。

宿泊先のホストマザー。

彼の友達も合流し、夜は乾燥した砂漠に生えた草を燃やしてキャンプファイヤー。
小屋も見失うほど真っ暗な夜を、ここでも迷うことなくサクサクと歩くガイドとその友達と3人で夜の散歩をしたり。
満天の星空の下で、寝そべって。
そのまま気付くと朝まで寝てしまいました。

夜の散歩とキャンプファイヤー。

朝は、優しく昇る太陽に起こされ紅茶を飲んで。

何もない、何もすることのない。ただその日の移り変わりを感じるだけ。
ツーリストだからこそ、すべき仕事もなければご飯の支度もなく過ごすことのできるとても贅沢な時間です。

太陽が昇りきったお昼頃、またメルズーガに向けて出発しました。
途中でカップルのツーリストとたまたま合流し、ガイドも含め子供のようにはしゃぎながらの変わらずぬ景色に飽きることなく帰路を楽しむ事ができました。

帰路は三頭のラクダで。

今回は一人で、あの景色を感じ感動することができました。
次は誰かと、あの景色と感動を共感できたら。

サハラは一人旅をする中で、誰かと過ごす時間の大切さを改めて感じさせてくれた場所でした。
この場所はいつか必ず戻ってきたい場所の1つになりました。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です