雪と自然の不思議な世界「カッパドキア」

LIFE SPICE SHOP

ぼくらがここを創るまで、ぼくらもここに出会うまでのプロローグを綴っています。

イスタンブールのブルーモスク。
イスタンブールのブルーモスク。

この旅、アジアを抜けて訪れた6カ国目が「トルコ」でした。

アジアとヨーロッパにまたがる国「トルコ」。

対岸はアジア側と言われているエリア。
対岸はアジア側と言われているエリア。

はじめに訪れた「イスタンブール」は街中をトラムが走り、歴史と文化、近代が入り交じったとても綺麗な都市でした。

これまで、あまり身近に感じる事のなかったイスラムの文化。
イスタンブールでひと際大きな存在感を放つ「ブルーモスク」は、初めて足を踏み入れたイスラムの寺院でした。
外観の迫力、装飾の美しさ、そして初めて感じたその空気感。
僕のイスラム文化の最初の印象は「美しい」でした。

ブルーモスク。装飾も独特で綺麗。
ブルーモスク。装飾も独特で綺麗。

その独特な装飾や色彩は、キリムや陶器など生活の中にも反映されており、独特な感性がとても魅力的です。
溢れる物欲を抑えながら、いつか買い物をメインにまた訪れたいと思いました。
それは今でも思っています。

3日目の朝。バスで世界遺産「カッパドキア」へ。
トルコといえば。の1つでもある定番の世界遺産。
写真やネットで良く目にしていたその景色に憧れて、一度は訪れたいと思っていた場所の1つでした。

僕が訪れたのは2月。
雪の積もる冬、オフシーズンという事もあり観光客も少なく閑散とした時期。

真っ白な世界と独特な自然の造形。
真っ白な世界と独特な自然の造形。

それは、ある意味最高な時期でした。

真っ白な銀幕の世界に、自然が創りだした不思議な造形。
そしてそこにある生活は、その景色ととけ込むように築かれており、タイムスリップをしたような、映画の中に入り込んだような。
観光客も、すれ違う人もほとんどおらず、完全にその世界に浸る事ができました。

その景色にとけ込む町。
その景色にとけ込む町。

その土地の気候や環境が、たまたまその世界を造ったのかもしれません。
ですがそれは、意図して創られたような不思議な世界。

自然の魅力。
自然の魅力。

旅を続ける中で、太陽や月に魅せられていた僕は完全に「自然の芸術」の虜になりました。

あてもなく、始まったこの旅に目指す指針がはっきりとした場所。
雪景色の中のカッパドキアは、一押しの場所の1つです。

LIFE SPICE SHOP
150-0034
渋谷区代官山町8-3 1F
contact@lifespiceshop.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です